アニマルのからだのつくりと効力について演習

育成をしました。会社はいくつかが集まって、特有の使途をする臓器をつくっている。一層、関連した使途を有する臓器をまとめて臓器的と効く、人の健康はさまざまな臓器や臓器的により構成されてライフを維持している。臓器的には、息的、生殖的、内分泌的、放出的などもあります。例えば、人がものを召し上がるときも多くの臓器や臓器的がはたらいている。視神経などから脳へいたる癇的によって料理が認識され筋肉的、骨格的によって料理を口に運びます。料理は口腔、食道、胃、小腸などの会得的で会得され、小腸で養分として把握されます。養分は、血中に入り周期的によって全身に配られます。上皮会社は、カラダ表または会得ケースなどの内側の外見を覆います。筋会社は、腹心や臓器を切り回し締めつけ力を握りしめます。癇会社は、コミュニケーションに役立つ能力や体裁を有します。癇細胞と応援細胞(グリア細胞、シュワン細胞)からなります。勉強になりました。http://www.janerobinson.net/