フイルム式のカメラで撮った昔の写真で思ったこと

私の家にはフイルム式の一眼レフカメラがあります。
今は大学生になった息子がまだ幼かった頃に、様々なイベントの想い出を残そうと考えて購入した物です。

今はデジタルの時代になったので、使う機会がほとんど無くなっています。
もったいないですよね。機会があれば使いたいので、大切に保管はしてきました。

先日、ネット上で読んだ記事にフイルム式カメラのことが書かれていました。

観光地に家族旅行に行った時などは、記念になるような綺麗な景色や建物を撮るのですが、帰る時になってフイルムが余ってしまっていることが多いですね。
その余ったフイルムを使いきってしまおうと適当に撮ったスナップ写真の方が、後で見返した時にいい想い出として残っているのだというのです。

なるほどなと思いました。確かに私のアルバムに残っている写真にも、そういう物が多数あります。

フイルムは撮れる枚数が決まっていますから慎重に使っていましたが、気楽に撮った写真の方が貴重な想い出を記録してくれている場合もあるのですね。キレイモ 値段