今日は、妻にマッサージをたくさんしてもらいました。

私たちは、すぐにコリがひどいです。
休日は、いつも家電店でマッサージチェアでマッサージをしてきます。
今日は、仕事でしたが忙しくて、体がかなり疲れていました。
私は仕事が終わってから、すぐに寝てしまい、家電店に行けませんでした。
明日は休日なので、明日に家電店に行くつもりでしたが、妻が30分かけて
マッサージをしてくれました。
妻もコリがひどいので、ツボを知っています。
じっくりマッサージをしてもらったおかげで、すごく楽になりました。
ただ、マッサージ疲れが半端なかったでしが、疲れの元の乳酸が散らばった
ので、明日は、すごく楽になると思います。
私も、たまに妻にマッサージをしますが、今回はその余裕がなかったので、
明日、マッサージをしてあげるつもりです。
こうやって夫婦で協力しあって生活ができるのが幸せな事だと思っています。
絶対にお金で買える事ではありません。
私も、頑張って仕事して少しでも、楽な生活にできるように頑張るつもりです。
平凡という当たり前の生活をする為に、前向きに進んでいきたいです、キレイモ 学割 予約

優しい6歳のお兄ちゃんと、反抗期真っ只中の3歳の妹

我が家には6歳息子と3歳娘の2人の子供がいますが、息子は穏やかで慎重派で、娘は活発で我が強いほうです。最近の娘は4月に入園したばかりで幼稚園の疲れと反抗期がミックスして、家ではイヤイヤと泣き叫ぶことが多いです。つねに布団でゴロゴロすることを好み、風呂や食事を拒否して、要求が通らないと泣き叫ぶので手を焼いています。その都度、諭したり、怒ったり、時には放置したり。

現在不安定な娘なので、私も心身ともに疲れてしまうことがあり、そんな時に息子の優しさに支えてられています。今日も「お風呂には入らない!頭は洗わない!」と泣いて嫌がりました。私は汗をかいた身体を洗ってほしいので、半ば強引に泣く娘をササッと洗ってあげようと洗い始めると「うんこがしたい!」と騒ぎだし慌ててトイレに駆け込みました。

私はその間に自分の洗顔だけしようと思い、洗い始めました。すると、うんこが出たから「おしりを拭いて!」とまたもや、トイレで泣き叫ぶ声が。私はササッと洗顔を終えてからトイレに駆けつけようと、急いで終えると、なんと一緒にお風呂に入っていた息子がトイレに行ってくれていました。娘のおしりを拭いてくれたのです。息子の優しさに感謝です。

そんな感じで、娘が赤ちゃんの頃から私と一緒に娘の世話をしてくれたりします。そんな時には息子にはたくさんのありがとうを伝え、ギューと抱きしめます。人を快く助ける優しい息子のまま、成長してほしいです。息子よ、いつもありがとう。

夏の電気の停電がが一番恐ろしいことですね

台風の強風は病みました。雨が少し降っています。1時間もかからずに通って行きました。テレビを見ていると、あっという間です。昭和の頃には、よく停電したのですが、停電を経験したことがないのです。ありがたいことです。特に、この猛暑で、停電になったっラと思うと、ぞっとします。太陽光発電はコスト的にも、どうかと言われていますが、猛暑の時には、太陽光発電の力も必要ですよね。そう考えると。お金持ちのように、夏を自然の力で過ごせるような場所も必要かもしれませんね。電気がなくても過ごせるところ。家が余るといっても、そう考えると、1家族に二軒の家というスタイルが安全なのかもしれません。同じところに家を二軒持つのではなくです。
夏が本当に心配な世の中です。親戚付き合いもしないで、安心している時代はもうじだいおくれかもしれません。近くにばかり親戚を持つのではなく、ある程度、遠いところにも近しい中の親戚が居る時代かもしれませんね。