使いこなせないのにスマホにした父と母の話

60歳を過ぎた 父と母が、揃ってガラケーをやっとスマホに機種変更しました。
どういう心境の変化なのでしょうか。まぁ、よく分かりませんが、二人揃ってプリインストールされているLINEを使い始めました。

アイコンにする画像を、父は猫にしました。
母は、どうしても写りの良い自分の写真にしたいらしく、スマホの外側カメラを使って一生懸命 自撮りをしようとしていました。
内側カメラも使えると教えてあげると、ブラウザに写る自分の顔が気に入らないと言い、仕事で画像加工も請け負う私に、どうにか美しく加工してほしいと頼んできました。
LINEのアイコンなんて、表示されるのはかなり小さいものだし、そこまで拘る理由も分かりませんが、対した手間でもなかったので何パターンか加工してあげました。
しかし、どれもお気に召さない様子で悩んでおり、撮影自体を私に依頼してきました。

私はカメラマンではありませんが、モデルさんを撮影する現場に立ち会った事はあるので、真似をしてスマホカメラでの自宅撮影会が始まってしまいました。

背景にする壁面に、飾ってある花を入れてくれとか、お気に入りのワンピースに着替えてネックレスまで装着し、いちいち注文をつけてくる我が母。
しかし途中で化粧を直したい、やっぱり着替える、帽子をかぶりたい、とワガママ過ぎた為、かなりイライラしながらの撮影は、3時間に及びました。

LINEのアイコンに、そこまで時間をかける意味が分かりません。
何回でも簡単に変えられるし、大体 60歳過の普通の主婦が、モデル気取りでノーギャラで画像制作を依頼してくるなんて。

とりあえずは納得のいく写りの画像が撮れた時点で、シミを目立たなくしてほしいと言い出し、既にうんざりしていました。
PCを立ち上げて画像を加工し出したら、お金を払って仕事を頼んで下さるクライアント以上に口うるさい注文がどんどん入ってきました。

母が気に入るLINEアイコン制作に無料で5時間を費やし、遂にLINEのアイコンを設定してご機嫌な母に対し、私は疲れきってしまいました。

ちょっと、お昼寝します。

空調もちょうど良い感じに効いていて居心地の良い喫茶店でした。

レンガ造りのビルの2階にある喫茶店に入ったらいぬやしきの漫画が置いてあったのでちょっと読んでみました。
映画は前に佐藤健君ファンの友達と一緒に見たんですけど、実は漫画は一度も読んだことがなくて。やっぱり映画と漫画じゃ結構違いがありますね。
他にも医龍とか鬼平犯科帳とかサラリーマン金太郎とかたくさん漫画が置いてあって、お店の方が漫画好きなのかなと思いました。
何となく「サラリーマンのお父さんが好きそうな漫画が多いなぁ」と思いましたけど、お店にいる店員さんは品の良さそうなおばあちゃんが一人だけ。男の人はいなさそうでした。
店内はどことなくレトロな雰囲気で、ワインレッドの絨毯と重厚な作りのソファがとてもオシャレ。入り口の近くには懐かしいダイヤル式の電話も置いてありました。
ここだけ昭和の時代で時が止まっているみたいだなぁと思いました。BGMもクラシックの静かな曲で、まさに大人が寛げる空間って感じでした。
注文した野菜サンドとコーヒーも美味しかったのでその内またお茶しに行こうかなと思います。それでもっていぬやしきの漫画の続きも読んできますかね。クレジットカード ポイント マイル 比較